top of page
検索

大好きな猫を英語で表現してみる Part2


今日はパート2ということで、猫の話をするときに使いそうな単語や表現をお伝えしていきたいと思います。


~猫の行動編~

ニャー:meow 「ニャーと鳴く」の動詞でも使えます。

喉をゴロゴロ鳴らす:purr 名詞でも使えます。

あくびする:yawn

威嚇する:hiss

クンクンする:sniff

スリスリする:snuggle

噛む:biteもしくはnip

biteはホンマに「噛む」ほうですが、nipは人間に危害を加えようとしている訳でなく、遊んでいて「噛む」という意味です。

似た言葉にnibbleがありますが、「甘嚙み」という意味です。

ちなみに、catnipと言葉をつなげると「またたび」になります。


~猫の行動編Ⅱ~

フミフミする:knead

※パンをこねるのもkneadを使います。

毛づくろいする:groom

しっぽを振る:wag a tail

爪を研ぐ:sharpen her/his claws

マーキングする:spray

丸くなる:curl up

「丸くなって寝ている」なら、"My cat is curling up under the table."の

ように使います。

ちなみに、猫同士の交配はmatingといいます。


~人間の行動編~


撫でる:pet

爪を切る:trim the claws ※trimは毛を刈るのにも使います

ブラッシングする:brush

餌を与える:feed

譲ってもらう:adopt

猫シェルターなどから譲ってもらうときに使います。



座り方ってたくさん名前がついているんですね、調べるまで知りませんでしたが、皆さんはどうでしたか?

今日はここまでです。

Have a good one!


閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page